読書術

【10冊から厳選】読書術を身に着けたいと思った時に読むべき本3選

こんにちは、エンジニアのじゅそー(@juso_log)です。

こんな疑問に答えます

読書術を学ぶための本を買いたいけど、どんな本を買えばいいか分からない…おすすめの本ってどれ?

私は毎月ビジネス書を20冊読書することを目標に、日々多読を実践しています。

昨年までは読書量は多くなく、1ヶ月1冊も読んでいませんでした。

そんな私が読書をするようになったのは、読書術の本を数多く読むことで本の読み方を身につけることができたからです。

本記事では、私が読書術を身に付けるまでに読んだ本10冊から特にオススメしたい3つの本を紹介します。

これから「効率的に本を読みたい」「内容を忘れない読書をしたい」と考えている人は、これらの本を読むことで実現できるようになりますよ。

ここで読む本は小説などではなく、ビジネス書を対象とした読書術の話です。

私が読んだ「読書術の本」10冊

私が自分なりの読書術を身に付けるために、最初にしたことは読書術が紹介されている本を10冊読むことです。

私が実際に行っている読書方法や読んだ後に内容を忘れないためのアウトプットについてはこちらの記事で紹介しています。

読書のスピードを上げて多読家になろう!【すぐ実践できる5つのコツ】こんにちは、エンジニアのじゅそー(@juso_log)です。 読書はなるべくスピードを上げることで、インプットの情報を格段...
【成長するための読書】ビジネス書を読みっぱなしにしない読書術こんにちは、エンジニアのじゅそー(@juso_log)です。 本業でエンジニアをしながら、日々成長のためビジネス書を中心に毎日1冊...

こうした読書術を身に付けるにあたり読んだ本はこちらの10冊です。

どれも参考になる部分が多く、読んでよかったと思える本ばかりでした。

ただし「普段読書をしない人が自分なりの読書術を身に付けるための本」という観点で見たときには、少し難しいかな?とも思う本もあります。

正直どれもオススメしたい内容はあるのですが、今回はなるべく最初のうちに読んでおきたい本として3つの本に絞ってみました。

絶対読んでおきたい読書術の本オススメ3選

私が読んだ10冊の中でも特にオススメしたいと感じた3つの本を紹介します。

これらの本は私の読書方法に大きな影響を与えてくれた本で、どれも今では欠かせない要素が詰まっている本たちです。

これからビジネス書をたくさん読んでいきたいと考えている人は、まずこの3つの本を読んで、読書に対する自分の軸を作ってみて下さい。

レバレッジ・リーディング 本田直之

「多読」のバイブルであり、読書への姿勢やこれまでの考え方を変えてくれる至高の1冊。

なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法

引用元:Amazon レバレッジ・リーディング 

こんな内容が学べます

  • なぜ速読ではなく多読なのか
  • 1日1冊を読みこなす効率的な本の読み方とは
  • 読書のための時間をどのように作り出すか
  • 読んだまま終わらせないための工夫とは

この本こそが私の読書の軸であり、どうしても1冊選ぶとしたらこの本をオススメします。

正直な話をすれば、この本が出た後に多読をオススメしている本は、どれも同じ内容が書かれているんですよね。

そういった類書を読むのであれば、まずはレバレッジ・リーディングを読み、読書の対する姿勢と多読を実践するための読書術を身に付けましょう。

そうすれば、この後の読書方法が大きく変わり、自分にとって大事な部分を抽出しながら効率的に読書をする読書術が身に付きますよ。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 西岡 壱誠

「本を読んでいる間の思考」から読み方を変えてくれる1冊です。

マネするだけで、誰でも、どんな本でも!!

1.速く読める
2.内容を忘れない
3.応用できる

東大生は、そんな超・実践的な読書術を自然と習得していました。
ホントは教えたくなかったノウハウを、一冊に凝縮します!

引用元:Amazon「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

こんな内容が学べます

  • 受動的ではなく「能動的」な読書をする方法
  • 読み終わった後に記憶に残る読み方とは
  • その本を1言で要約するやり方
  • 本と対話しながら読む方法

この本で特に重要なのは「本と対話する方法」について具体的に書かれている点です。

これまではどうしても文字を追いかけるだけの受動的な読み方が多かったのですが、読み方を変えて能動的になると記憶に残りやすくなりました。

要点を掴みながら、読み終わった後でも記憶に残しやすい読書方法を学ぶための本として、一度は読んでいただきたい1冊です。

ただし、注意して欲しいのはここに書かれている読書法を全て実践しようとすると、時間がかかりすぎてしまい、読書がおっくうになるかもしれません。

あくまでも「本と対話する方法」に視点をおいて、自分でもできそうな内容から実践してみて下さい。

5つのSTEPで紹介されている中の『STEP2 取材読みで「論理がクリアに見える」』を重点的に読んで取り入れるのがオススメです。

読んだら忘れない読書術 樺沢 紫苑

読書内容を忘れないための「アウトプット方法」を数多く学ぶことができる1冊。

本書では、精神科医である著者が、
脳科学的な裏付けのある「読んだら忘れない読書術」を公開します。
また、「SNSの超プロ」としての立場からも、ソーシャルメディアを使いこなし、
読書で得た知識をアウトプットする方法、人とシェアする方法などを明かします。

引用元:Amazon 読んだら忘れない読書術

こんな内容が学べます

  • アウトプットが重要性を理解する
  • 記憶に残すための方法とは
  • 具体的なアウトプットの方法

こちらの本は読書内容を忘れないための「アウトプット」に重点を置いた方法を学ぶことができます。

読書をした後、最終的には書かれている内容から自分なりのアウトプットを出すことで始めて読んだ意味があります。

でも、いつの間にか読んだ内容を忘れてしまうことってありますよね。

そんな読書内容を忘れないための具体的なアウトプット方法がいくつか紹介されており、実践に移しやすいのがこの本の特徴です。

私はこの本からアウトプットの重要性について理解することで、読書後のアウトプットを増やすことができました。

アウトプットを前提にするとインプットである読書の質も変わります。

ぜひこの本からアウトプットへの意識を変えてみて下さい。

さらに読書を深めたいと思ったら

最初に読む本としてはここまで紹介した3冊がオススメですが、もう少し付け足して読みたい人は以下の本も読んでみて下さい。

齋藤 孝さんの本はある程度読書をし始めた人が読むと、さらに知識を得るためのモチベーションを刺激してくれます。

読書をしていると、自然と自分が興味のある同じジャンルを読んでしまいますが、こちらの本を読むことで、知識の幅を広げるための読書を考えるきっかけになるはずです

読書する人だけがたどり着ける場所
created by Rinker

私も古典や普段読まないジャンルへ手をのばす良い機会になりました。

また、ある程度ビジネス書を読んでいきたい人にはこちらの本もおすすめです。

「ビジネス書マンダラ」という表に、ビジネス書の中でも読むべき本のタイトルと読む順番が分かりやすく載っています。

この3冊も付け足して読書をより深いものにしてみて下さい。

まとめ:まずは3冊で読書を変えてみよう!

本記事では、私が読書術を身に付けるまでに読んだ本10冊から特にオススメしたい3つの本を紹介しました。

要点をまとめます。

要点まとめ
  • 読書への姿勢を変えくれる『レバレッジ・リーディング』
  • 読書中の思考を変えてくれる『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』
  • 読書後のアウトプットを変えてくれる『読んだら忘れない読書術』

これらの本は必ずあなたの読書を変えてくれる良書たちです。

読書術の本に悩んだらここから読んでみてはいかがでしょうか?

 

東大読書は現在(2020/07/12)KindleUnlimitedで読み放題の対象になっています。

1ヶ月は無料で利用することができるため、電子書籍に抵抗がなければKindleで読むのがお得です。

⇛KindleUnlimited1ヶ月無料体験はこちら! 

 

読んで下さりありがとうございました。