雨が上がるまで

毎日の積み重ねが人を作る。筋肉は裏切らない。

AWS

AWS SysOpsアドミニストレータアソシエイト(SOA)に合格しました

投稿日:

AWS SysOpsアドミニストレータアソシエイト(SOA)合格することができました。(実は一度落ちてますが)

これでなんとかアソシエイト資格三冠達成できました。

今回SOA合格することができたので、対策と勉強法をメモしておきます。

勉強法

基本的にはDVAのときと同様の方針をとりました。
AWS Developer Associateを取得したときの勉強法と反省

Udemyを中心とした学習で、問題集を解いてわからない部分をBlackBeltで読み込むという流れです。
使用したUdemyの問題集⇛AWS Certified SysOps Administrator Associate Practice Exams

ただし今回はDVAと違い解説動画はあまり活用しませんでした。一敗したのはこちらをちゃんと見ていなかったのも原因。
Ultimate AWS Certified SysOps Administrator Associate 2019

これから受ける人は油断せずにちゃんと見ることをおすすめします。

とりあえず私は問題集を一通り解いたら、間違った問題のサービスをBlackBeltで復習というサイクルを繰り返しました。

模擬試験は参考程度に捉えましょう

模擬試験は傾向と問題の雰囲気がわかるので絶対受けたほうが良いです。でも得点を過信するのはやめましょう…

DVAを受けたあと少し勉強した状態で模擬試験を受けたのですが、約9割程度の点数が取れてしまい調子に乗ってしまい痛い目を見ました。
模擬試験でたまたま知っているサービスが多く出ただけというパターンだったようです。

しっかり受験範囲を勉強してから受験しましょう。

参考にした記事

こちらに記載されている心構えと学習が特に必要な分野が参考になりました。先輩方の記事は本当に参考になるので、よく読んでおきましょう。

SAA持っていれば受かるって聞いたけど

SAAとDVAを持っていたとしても、全く視点が違う問題が多いためサービス概要を知っているだけだと太刀打ちできません。
たまにSAAが合格できれば受かるみたいな記事がありますが、ほぼ間違いなく改定前のテストです。信用しすぎずしっかり対策しておきましょう。
これで晴れてアソシエイトを取り終えたわけですが、逆にプロ資格を目指さない理由もなくなってしまったのでまずSAP頑張って取得しようと思います。

 

 

-AWS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今から初めるサーバーレスアプリケーション

これまで日本のシステムは基本的に物理サーバーをおいて、そこに様々なデータやアプリケーションをのせるのが一般的でした。 しかしAWSを始めとするパブリッククラウドが浸透するにつれてこれまでのシステムをク …

【AWS】違いが良くわからないサービス(メッセージ・構成管理)

SAAの勉強をしていてテキストだけではよく違いがわからないサービスがあったのでメモしておきます。 Contents1 SQS・SNS・SES2 Cloud Formation・Elastic Bean …

AWSを勉強する上で目標となる「AWS認定」ってどんな資格?

仕事でAWSに携わリ始めたので、どうにもAWSの有識者として頑張らなければならなくなりました。 そのため最近AWSをぼちぼち勉強し始めたのですが、どうやらAWS認定というものがあるらしいですね。 その …

AWS Developer Associateを取得したときの勉強法と反省

先日ようやくAWS Developer Associate(DVA)を受験し、無事に合格することができました。 そのときの勉強法と反省点を振り返ってみようと思います。 Contents1 SAAとは同 …

AWSを使った仮想デスクトップ環境構築

EC2インスタンス上にPythonを使える環境作って欲しいと言われたので、候補の一つとしてリモートデスクトップでサーバーにアクセスする方法を考えてみました。 リモートの接続先にAnacondaをインス …